安くしよう

説明をする

不動産活用で節税を図る人が多くなっています

土地を更地のままで持っていると、何かと損をしてしまうことになります。そもそも固定資産税の額が高くなりますので、生きている間に多額の税金を支払うことになるのですが、死後に発生する相続税の額も高くなります。使うあてのない土地を複数所有している場合は、その上に賃貸マンション等を建てることによって節税を図るという方法がおすすめです。マンションの建築費用を持っていないという人が大半ですが、ローンを組んでマンションを建てるようにした方が、節税の恩恵を受けやすくなります。生きている間は、家賃収入を得ることができますし、その収入でローン返済をまかなうことができますので、過剰な負担を被ってしまう心配はありません。また、相続税の節税効果も得られますので、多くの人が不動産活用による相続税対策を行っています。

遊休土地の活用を考えている場合には

相続税を節税するために遊休土地で賃貸経営を始めたいと考えている場合には、まず税金の専門家である税理士に相談してみることをおすすめします。最近は、賃貸マンション経営の専門業者が続々と誕生していますが、それらの業者の営業マンは、税金のプロではありません。「相続税を減らすことができますよ」と盛んにアピールしてきますが、具体的にいくら位節税することができるかという点については、はっきりとした回答を得られないケースが多いです。でも、税金のプロである税理士に相談すれば、節税できる金額を具体的に明示してもらうことができます。節税できる金額をはっきり知ることができないと、賃貸経営を始めるべきかどうかの判断を下すことができません。ですから、不動産業者や建築業者ではなく、まず最初に税理士に相談してみることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加