過払い金問題

高いビルの会社

任意整理で過払い金問題を解決する

債務整理は、単純に借金を抱えている債務者の救済をするだけではありません。 金融機関に対してお金を返済しすぎたときにも利用できるのです。 消費者は、お金を借りた場合その金融機関に対して利息をプラスした金銭を返済しなくてはいけません。 しかし、この利息に関して問題点がある場合にはお金を金融機関に対して返済しすぎてしまう問題が生じるのです。 この問題のことを過払い金問題と言います。 過払い金問題は、債務整理の中でも任意整理という手段を利用することで容易に返還してもらうことができます。 元々、返済する必要のないお金であるため消費者に対して利息を付加した金額で返済してもらうことが出来ます。 債務整理を利用すれば、過払い金も問題も解決できるのです。

信用情報の記載を削除する

過払い金問題を債務整理で解決するメリットは、信用情報に関する問題でもメリットがあります。 本来、借金の問題を債務整理で解決するとその情報が信用情報に記載されることになります。 この情報は原則として一定期間が経過しないと削除することが出来ないのですが、過払い金の場合は違うのです。 過払い金の場合は、消費者に非のある問題ではないため消費者から主張をすれば削除することが出来ます。 債務整理のどの手段を利用しても過払い金問題に関しては信用情報に傷が付かないのです。 これは、国が認めている処置であるため実際に債務整理で信用情報に記載されたときには削除の依頼をしなくてはいけません。 そうすることで、すぐにでもまたお金を借りることが出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加