交通事故の解決

ファイルを片付ける

交通事故の現状をまず確認しましょう

交通事故に運悪く遭ってしまった場合、可能性としては、自分が加害者であるか、あるいは、被害者であるか、いずれかです。そして、いずれの場合も現状の認識が必要だと思います。 加害者であれば、交通事故で相手にどれ位のダメージを与えてしまったか、それは、保険でどの程度カバーできるのか、を医者の自分と相手の診察結果も含めて検討します。 また、被害者であれば、交通事故で自分がどの程度のダメージを受け、それが保険でどの程度カバーできるか、を医者の自分と相手の診察結果も含めて検討します。 医者の診察結果に応じて、こういう場合はこうするというガイドラインが保険会社毎に決まっています。ガイドラインに沿った対応に、加害者側あるいは被害者側が納得できない場合は、その交通事故の示談などの事後処理を行うために、弁護士に依頼します。 加害者側の弁護士は、保険でカバーできない加害者側の負担分について減額するように、示談において調整をします。 被害者側の弁護士は、保険では不足する被害者が追加で受け取る分について、示談において要求します。どうらの側かで弁護士の役割は異なります。

示談において弁護士に何をお願いするか

では、加害者と被害者は示談において何を弁護士に求めるべきなのでしょうか。 まずは、加害者側であれ、被害者側であれ、どちらの側の弁護士も、医者の加害者及び被害者に対する診察結果を踏まえて、交通事故の現状を理解しなければなりません。 交通事故の発生時の加害者の落ち度と被害者の落ち度、結果として加害者が受けたダメージ、被害者が受けたダメージを考慮し、ここらへんでしょうというところで、示談額を双方の弁護士が歩み寄って決めます。 このため、それぞれの弁護士は、交通事故の発生時の状況についてある程度踏み込んで、加害者と被害者のそれぞれの落ち度を判断する必要があります。 また、加害者と被害者が受けたダメージがそれぞれどの程度の後遺症につながるのかというある程度の医療知識も必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加